石松 宏和

hirokazu ishimatsu

 

1967年東京都千代田区生まれ

博士(知識科学)

日本経済大学大学院 経営学研究科 准教授

ICTビジネス研究所所長

デジタル遊牧民研究家

 

CAREER

 

インターネットの国際標準技術を作成したことのある数少ない日本人の一人。

大学卒業後、沖電気工業株式会社(現OKI)、日本テレコム株式会社(現ソフトバンクテレコム)において通信技術の研究開発、国際標準化に従事。日本テレコム退社後、ITベンチャーの代表取締役社長を務める。その後学術の世界に転じ、現職。IT技術とITビジネスを世界的視点で研究している。

 iPadを風呂に持って入る程のIT好き。今までに購入したITガジェットは数知れず。電子化した全ての紙の書類と書籍をiPadに入れて持ち運び、どこでも仕事ができるデジタル遊牧民でもある。IT機器やITサービスを使ってみたい人々に対して、それらの賢い使用方法を指導している。

 

研究活動

世界的なIT技術およびITビジネスの動向。

ITビジネスの勝敗要因。

ITビジネスにおける情報諜報活動。

IT技術の国際標準化活動。

IT技術を用いたペーパーレス・オフィスの実現方法。

人間を取り巻く環境としてのIT技術。

 

講演テーマ

ペーパーレス・オフィスの実現方法

モバイル機器とクラウドサービスの賢い連携方法

デジタル遊牧民とライフワークバランス

国際技術標準の獲得の仕方

国際技術交渉力

ITビジネスの国際動向と企業戦略

IT技術を用いた企業諜報活動